Robomech2022にて啓輔さんと吉川大喜さんが発表しました

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2020(Robomech2022)にて,当研究室のM1の萱間啓輔さんと吉川大喜さんの研究成果を発表しました.オンラインとオンサイトの両方のハイブリット形式で行われましたが,我々はデモ機をもってオンサイトで参加しました.

また,彼らの発表内容ですが,下記のYoutubeでご覧になれます:

萱間啓輔さん「柔軟材料の曲げ変形に対する断面形状最適化を用いた折りたたみ空気圧アクチュエータの提案」@Robomech2022

吉川大喜さん「曲率分布を自由に設計可能な連続体ロボット」@Robomech2022

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。