Robomech2022で新M1の萱間啓輔さんと吉川大喜さんが発表します.

日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス講演会2020(Robomech2022)にて,当研究室の新M1の萱間啓輔さんと吉川大喜さんの研究成果を発表します.オンラインとオンサイトの両方のハイブリット形式で行われますが,デモ機をもってオンサイトでの参加を予定しております.是非見に来てください♪(新型コロナウイルスの感染状況などでオンラインのみになる可能性もあるようです.日程などはこのページに更新していきます)

柔軟材料の曲げ変形に対する断面形状最適化を用いた折りたたみ空気圧アクチュエータの提案,萱間啓輔,岩本憲泰,梅舘拓也,ロボティクス・メカトロニクス講演会,2022(予稿投稿済)
曲率分布を自由に設計可能なワイヤ駆動型連続体ロボット,吉川大喜,清水正宏,梅舘拓也,ロボティクス・メカトロニクス講演会,2022(予稿投稿済).

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。